初!大潰れ!!

  • 2010.01.04 Monday
  • 23:41
日本海側を低気圧が行き過ぎるとき、中国地方よりに低気圧が位置する場合は良いコンディションとなる時が多くて、北陸よりの場合には寒冷前線通過と同じようなコンディションとなることが多いのです。この日は期待に胸を弾ませておりました。


良い場合は八木の130mは北東向きのテイクオフでもほぼ無風で穏やかに飛べるときがほとんどなのですが、なんとこの日は良すぎるくらいの向かい風。でもランディングは追風というコンディション。

6人中3人の方にフライトしていただきましたが、潰されるほどではなくても揺れが非常に多かったです。が、それも限界でどんどん吹き下ろしが強くなりパラパークでのフライトに望みをかけました。

パラパークに着いた11時過ぎにはすでに校長が降りていました。少し癖のある風のようで、吹き下ろしも強いということでした。次に出たsさんのフライトでは、風上に向いても前に進みにくいくらいの風の強さのようです。これが向かい風だったら絶好のソアリング日和となると思うのですが、テイクオフの風はサイドでローターも混じっているようでした。

この条件では私も飛ばせていただいて風を確認したいと、12時45分ごろテイクオフしました。無風気味でテイクオフしましたが、途中で前に押し出されるような追い風を感じながらのテイクオフでした。斜面に長く居てもだめだと感じ、前のサーマルを捕まえることに集中し、弱いリフトに出会うと、しがみつくように大事に回しました。回しに回すとサーマルは最初西に流れていたのですが、サーマルは東に向きをかえテイクオフの裏へ流れて、そこからドカーンと急に強くなり垂直に上がりだしました。
ぐらぐら揺れていましたが1100Mを超えるころからサーマルは比較的安定し、雲底1500Mに到達しました。



南東強めだと風を確認し、牛松山へと向かいました。風が強くなかなか進まなく困っているところに自治尾根付近でサーマルヒット。1000Mまで下げた高度を1200Mまで復活できましたが、このとき積雲がなくなってサーマルもどこかへ消えてしまいました。(このときに気が付くべきだったかもしれません。)

仕方なくテイクオフ前へ行き、どこで上げなおそうかと頑張っていると、Yさんが第2尾根の沖でサーマルを捕えどんどん上昇しているのが見え、そこに突っ込みました。沖で上げて、1000Mを越えたのでまたテイクオフ裏で上げなおして移動する作戦を立てました。



作戦通りテイクオフ裏で1200Mまで上げ南へと向い、第2尾根上で写真を撮ろういとカメラに手をかけようとしたとき、前縁すべてが潰れたのです!!無防備でいた私の体は左旋回するキャノピーと逆方向へぐるっと回り、ライザーまたちまちツイストしてしまいました。そんな状態でも思いっきり引くとキャノピーは復活して通常のハイバンクターンほどで左旋回しています。ライザーを開いてねじりを直して、ようやくツイストから抜け出しました。

その後は気持ちが後ろ向きで、テイクオフ前で上げなおしを試みましたが、センタリングがぎくしゃく、決して乱れたサーマルだからといった理由からではなく、気持ちがビビりきっていたからだと思います。

揺れがおさまらないし風が強くなってきているようだったので沖のサーマル狙いで前に行きました。ランディングの丘をトリガーにしているサーマルを・・・と、狙っていきましたがそこでもバシッとローターにやられました。

ここで、尻尾を巻くようにランディング。

降りてからたたんでいると、かなり強いブローが吹きつけました。やはり、安全なフライトができない風に変わっていたのです。ツイストするほど潰れたあのとき、強い風の第一波がやってきたのかもしれません。このときに風の状態をもっと詳しく観察するべきでした。結果、安全に降りれたことはラッキーだったと思って、これからはもっと慎重に飛びたいと思います。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

BIRDSパラグライダースクールのfacebookページ

Yukihide Ozawa facebookpage



東北関東大震災義援金

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM