PEAK2でソアリング

  • 2011.10.12 Wednesday
  • 22:33

 新しい相棒 PEAK2でソアリングすることが出来ました。
 サーマルでの印象はハンドリングが良い!!上昇率も良い!!おまけに安心感もあって多少揺れようが積極的にサーマルソアリングにアタック出来ました。ただ、今までの身についた感覚のせいだと思うのですが、迎角が上がりながらソアリングしているように感じます。ターンを切れこませるためにノーズを下げる操作をしてやるのですが、良い感じで反応してくれます。コンペ機では勝手に切れ込んでくれていたような気がします。いままでグライダーに助けられていただけかもしれません。

 また、3ラインのコンペ機とも一緒に飛ぶことが出来ました。サーマルでの上がり具合などはほぼ同じように感じましたが、グライディングとなるとやはり差が出てしまうような気がしました。

 また、グライディングで失う高度、目的地に到達するまでの時間や到達予定高度などが少しづつ違うので、ソアリングで感じたのよりもまして、グライディングで感覚が合いませんでした。

 良い感じの積雲が出来ていたのでその雲の発達具合を確かめてから移動しました。すると、サーマルはあるのですが渋くてなかなか上がりません。そうこうしているうちに積雲が消滅…サーマルもなくなってしまうということがありました。PEAK2の移動速度を考えると、雲が出来かけたその時に、野生の勘を働かせて移動を開始しなければならないと痛感しました。

 ICEPEAK5なら、多少タイミングが遅れてもあっという間に到着するうえにサーマルの上の方に入ることが出来るので難なく乗り継ぎが出来ていたのでしょう。今までほんとうにICEPEAK5に助けられていたのだと感じました。

 でも、このグライディングの早めのタイミング、つまり出来かけた雲を追いかける感覚を鋭く研ぎ澄ませることが出来ればかなりいけるかも!!と、前向きに考えます。

 さぁ、どんどん練習だ!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

BIRDSパラグライダースクールのfacebookページ

Yukihide Ozawa facebookpage



東北関東大震災義援金

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM