Peak2でC3降下

  • 2011.11.11 Friday
  • 09:15

 先日、スカイ京北エリアへお邪魔して、PEAK2でフライトすることが出来ました。目的は2つ。C3ストールを試してみることと、トップランディング。京北エリアは北風の時にリッジ風が吹いて長時間ソアリングが出来るエリアで、この日も目的に取り組むのにうってつけの風でした。

 フライトしたのは1時半ごろ。多少強めの風でも、PEAK2は信頼してテイクオフすることができました。

 上昇気流がほど良くあり、そう強すぎもせず、トップランに挑戦。高度をテイクオフちょうどに合わせて西側から偏流飛行でテイクオフよりもサイド〜追い風側をキープ。リッジで高度があがったときにはピッチングさせて高度を調整。それが出来る風でしたので非常にやりやすかったです。テイクオフにソフトに足がつき、そして地面を蹴って再びテイクオフ。この感覚、カイカン〜!!

 今度は東側へ行き高度を保ってC3でのストールを試してみることに。ラインを引っ張るしかないと思われるのでラインが滑ってただつかんだだけでは左右均等に引き下ろせない・・・ということで、結果的にはC3ラインを手に巻くことにしたのですが、これではラインが手に食い込んでいたい…。もう少し研究が必要か…。

 重たいC3ラインを引き込んでキャノピーの形状が変わって沈下が得られました。今度はメーカーお勧めのアクセレーターを踏んだ後にC3で降下。どちらも沈下を得られるのですが、アクセレーターを踏んでからC3を引いた方が失速の失敗が少ないようです。
 ビッグイヤーでは折れた部分が戻ろうと暴れることがあるのですが、この方法では非常に安定して沈下していきました。
 回復は簡単。左右同時にC3を放すだけ。翼は直後に揺れますが何事もなかったかのように通常滑空してくれます。この点もビッグイヤーよりはいいですね。

 ただ、慣れていないとC3の引き込み量が多かったり、C2やC1も一緒に引き下げたり、Cライザーごと引いてしまったりして失速に入ることも注意しなければなりません。やってみようと思う方はしっかりとレクチャーを受けて安全な空域で行うことをお勧めします。

 その後、2回目のタッチ&ゴーをして、3回目のタッチ&ゴーに挑戦しようと高度を少し下げたら、テイクオフより1mくらいの高さなのですが、それが境界線?下げ過ぎてしまったようで今度は全く上がることなくランディングしてしまいました。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

BIRDSパラグライダースクールのfacebookページ

Yukihide Ozawa facebookpage



東北関東大震災義援金

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM