Task4 自分なりに

  • 2013.01.19 Saturday
  • 03:03
  19日、腹痛と下痢でなかなか眠れず朝がやってきました。脱水症状を防ぐために水を飲むとお腹がきりきり痛むので怖くて水も飲めません。

 朝食に温かい飲み物、これは大丈夫でした。体を休めたいところですが、今日もタスクはあるわけでがんばる以外ありません。フライト直前に薬を飲んで、あとは祈るしかありません。

 コンディションは良いようで97kmのタスクが発表されました。10:30ウインドウオープン。テイクオフを中心とした3kmのシリンダーを12:30にスタートして東へ12km先のターンポイント→北西17km→北東12kmと谷を東から西へとジグザグに北上して次は、43km先南側のファイナルターンポイントをとって北へリターンし12km先にゴールです。



 体力温存のためできるだけ遅くテイクオフしたいのですが、風が無風〜サイド〜フォロー〜微風アゲインストとあまりよくありません。この風だとテイクオフに時間がかかってスタートに間に合わないかも知れません。ウインドウオープン10分前、薬を飲んでトイレに行って、そしてゲートに並びました。派手なスタ沈続出です。体力のない僕はスタ沈して無駄に体力を使わないように慎重にテイクオフしました。エアスタートの30分前でした。

 スタートまでの時間、次の東のターンポイントに近い場所でサーマルを見つけると、あまり何も考えないようにできるだけ同じ場所で待機しました。周りの選手は遠くに行っては低くなって戻ってきていろいろ探り合っているように見えました。


 11:30 スタートです。


 序盤、ターンポイントまでサーマルをつないでいく選手がいる中、僕はあまり上げずに突っ込めたと思います。
 中盤、少し遅れたセカンドグループにいた僕は最北端のターンポイントでは一人低く突っ込みました。ターンポイントの先には焚火が見え良いサーマルがあるに違いないと信じて突っ込んだのでした。しかし、思ったようなリフトはありません。シリンダーに入ってもっと焚火に近寄っていく選手もいましたが、僕は手前の弱いリフトでまわし、上昇が強くなるのを待ちます。
 しかし、焚火に突っ込んだ選手があり得ない上昇で上がっていくではありませんか!!グライダーの動きも半端なく激しい動きをしています!!僕もそのサーマルに乗りたいような怖いような。焚火は一つの畑を焼きつくし、隣の畑へと炎が移った次の瞬間、わらの焼けカスが凄い勢いで上昇してくるのが見えました。

 「ヒエ〜」

 と思って見ていたら、ふと気がつくと自分自身がその中にいるではありませんか!!上昇の勢いで吸い込まれたのでしょうか?それとも俗に言う見ている方へと進んだからでしょうか?今まで聞いたことのないようなけたたましいバリオの音、そして凄い勢いで動くキャノピー、黒い灰と一緒に上がっていきます。

 「グライダー・・・燃えないかな?」

 なんてちょっと心配しながら右ターン、しかし、はじかれて大きく左が潰れコラップすしたまま左ターン・・・

 「っま、綺麗な旋回に入っているからそっとしておくことにするか・・・」

 なんて考えながら焚火サーマルから入ったり出たりしていると、「レスキュー!!」の無線が!

 見ると一人の選手が焚火サーマル内でアンコントロール状態になったようでレスキューパラシュートで降りて行くのが見えました。上空から見るとその選手はまるで焚火の中へ吸い込まれるように見えました。固唾を飲んで見守っていると、何とか焚火からそれて隣の畑へセイフティーランディングしたのが見えました。

※参考までにバリオのメモリーでは25m/sの上昇でした。
※非常に危険なため危険行為となりました。


 まだ雲底まで半分くらいありましたが、次は自分の身に起こるかもわからないモノを見せつけられ、焚火サーマルから離れることにしました。焚火サーマルを最後まで使った選手とはかなりの高度差が出来ましたが、もしものことがあってここで終わるわけにはいきません。
 
 また、セカンドグループからスタートです。その前を行くグループがサーマルを探すために蛇行していくのですが自分の信じたサーマルポイントまでできるだけ直進しました。蛇行するのに対して直進した方が良いに決まっています。わかってはいるのですが、集団が蛇行するとき、自分ひとりだけが直進のコースを選ぼうとするとき、

  「その先で高度を失いすぎて地に足がつくのではないか・・・」
  「自分だけが間違った判断をしているのではないか・・・」
  ・・・etc

という怖さが邪魔をしてなかなか実行できないものです。
・・・でも、それがうまく行くととてもいい気分になります。

 最南端のファイナルターンポイントをクリアーした時にはトップ集団に追いついていました。そしてゴールカット!


 トップより2分遅れの40位でした。ちょっと高度が余りすぎました。

 ↓タスク20位の宮田選手。ブーメラン9が調子良さそうです。


 総合の順位もちょっとずつですが上がってきました。まだまだ序盤・・・「上がるのはちょっとずつでいいんだよ」って自分に言い聞かせてリラックスしてがんばります。

 食事は用心してフルーツサラダだけにしました。でも、これ・・・お腹に悪さしないよね〜?
  
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

BIRDSパラグライダースクールのfacebookページ

Yukihide Ozawa facebookpage



東北関東大震災義援金

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM