PWC ポルトガル Task5

  • 2015.07.17 Friday
  • 15:51
朝は高層雲が覆い、風が冷たかったです。9:30のブリーフィングでは、コンディションが微妙ということだったのですが、10:30テイクオフに上がることになりました。


テイクオフに着くころには、高層雲はすっかり晴れて向かい風が入っています。
雲底は2400mほどでポルトガルにしてはあまり上がらず、西風予報です。


タスクは106km。向かい風側のターンポイントを取った後、南下し、西風に乗って60km先のゴールを目指すタスクです。

今日は早目に準備を済ませて早目にテイクオフしました。渋いですが予報通りだいたい2400m付近まで上がります。その後は強い風をケアし、風上へ出しては上げ風上へ出しては上げを繰り返して空中待機。

エアースタートの14:15に合わせてみんな動きます。僕も様子を見ながら追いかけますが、先行するグループはどうも苦しそうです。


それでも先行するグループの中誰かがサーマルにヒットし、その近くのメンバーはほとんどが上がり、そしてまた向かい風をターンポイント目指し進みます。



高く上げ直しに成功する少数とサーマルが弱くなったので高度不十分だが移動する多数に分かれ、ひとり降り、またひとり降りとまさに生き残りゲーム。
僕もそんな前にしか意識がいかない状況になってしまい、最初のターンポイント手間で降りてしまいました。

そんな先行する集団が無理な突っ込みをするのを見て、急がず大きく遠回りした数機が余裕の高度で通過して行きました。今日は渋く風も強いので風上側の最初のターンポイントさえクリアできれば、後は追風に乗って行くだけなので、本当のスタートは最初のターンポイントを取ってからだと言えます。



大勢が急いで先に先にと行くのを見て、遅れを気にせずゴールまでを見据えてフライトできる冷静な人もいるもんだなと感心しました。

僕もそれを感じてはいたのですが、大勢の中にいると安心というか、レースだからと先行する集団に離されまいという心理が働くというか・・・なかなか難しいです。


今日の順位は81位、得点108点ですが、何故か総合順位が20位から18位に上がっていました。
これはFTVという計算システムが関係しています。ほとんどがゴールする日にはしっかり早くゴールして、ほとんどゴールできない日にも途中のリスクが大きくてもトップについて行った方が、FTVというシステムでは総合でいいようです。FTVは、みんなの苦しそうな動きを見てから遅く別ルートで動いて距離を伸ばしても、さほど評価されないシステムのようです。


今日はおそらく最後のレストランでの食事なので、ポルトガルの食事を楽しみました。


明日は泣いても笑っても最終フライトです。
頑張ります!
ご声援どうぞよろしくお願いします!

PWCポルトガル レストディ

  • 2015.07.16 Thursday
  • 18:34
今日は西風が強いとかで、テイクオフに上がるまでもなくキャンセルとなりました。

レストデイを利用して、名称「七滝」(と呼ばれている?)へ行きました。




明日からまた競技できそうです。
明日から頑張ります。

PWCポルトガルTask4

  • 2015.07.15 Wednesday
  • 18:47
毎朝の光景はこんな感じです。トラックに荷物を積み込み、車やバスに乗り込みます。普通者は早い者勝ちです。



ちなみにスポンサーの一社に「まるちゃん」がなっていて、毎日「まるちゃん」ポルトガルテイストをいただいています。

今日は南西風がやや強めだというテイクオフ場所が変わることを示唆するアナウンスがありました。

結局いつものテイクオフでウェイティングしているとブローで出れるのでテイクオフ場所は変更なしということで、みんな準備開始。



タスクは77km、向かい風方向に15kmほど進み、その後追い風に乗りながらスペインに入り、スペインにあるゴールへ向かうタスクです。なんとパラグライダーで国境越えです。日本ではまず考えられません。




いつもは左サイドの風なのですが、今日は右サイド、しかも強く取りやめる選手続出です。
僕も一回広げたものの、風がなかなか入りにくいのと、ラインの根掛かりが気になる場所だったので場所変更。
ライズアップはラインの絡みを確認しながら慎重に上げ一発でテイクオフできました。

空中も風が強く、気がついたらかなり風下に流されてしまっていました。そのままスタートシリンダーをカットし、風上のターンポイントへ向かいます。
向かい風が強いのとサーマルが弱く流される量が多いのでなかなかコマを進めることができません。

最南端のターンポイントはなんと風力発電の風車を注意しながらのフライトとなりました。低くく突っ込むグライダーを見て、安全第一のルートでクリア。昨日のことがあるのでキープハイで先頭の動きを見ながら良いと思ったコースを進みますが、もっと背後からもっと良いコースを飛んで行くグループに簡単に追い抜かれました。



なかなか上がらないのですが、風が強いリーサイドの風が淀んだサーマルポイントでは乱れていて流されるのですが一気に上げ直しができます。

そして、スペインへグライド。その間サーマルはなく、台地の上で上げているグループを見つけて下に入り込みますが、ついた高度が低すぎてランディングすることになりました。

台地に乗ったぶん対地高度がなくなったので、対地高度を残せる平野にいた方が良い結果を出せたようです。
今日はゴール者なし。平野のサーマルで距離を伸ばした呉本選手が今日のトップ。すごい!おめでとうございます!

僕と同じ場所にいた選手や後から来た呉本選手が上位を占めたという結果から、僕にもその選択ができる場所にいただけに悔やまれます。

スピードを出していると、どうしても先を意識し過ぎて全体が見えないようです。このスピードがある中で状況変化に対応できるように冷静に飛ばなければ!!


PWCポルトガルTask3

  • 2015.07.14 Tuesday
  • 19:45
ポルトガルへ来て4日になります。予報では昨日よりは少しだけ風が強いもののだいたい同じで、今日も良いコンディションが期待できそうです。
ポルトガルに来て、最高の天気のサイクルにうまく重なったようです。



Task3は137km。Montalegre周辺で80kmほどアウト&リターンを行った後、50kmほど先のゴールを目指すテクニカルなタスクです。
13:00ウインドウオープン、14:00エアースタート。
少し横風だったので、テイクオフしてから上げるのに苦労しました。やっと集団の高さまでたどり着いたと思ったらちょうどスタートでした。ギリギリでした。

スタート直後はいつものことですが、大変混雑しているのでぶつからないようにこなします。スタートターンポイント、その次のターンポイントまではサーマルがなく通過します。


高度が低くなり、サーマルでの上げ直しで差がつかないように、コアへのセンタリング、そして離脱をトップから遅れないように進みます。

順調にトップグループで最後のゴールまでの直線で良いポジションにいたのですが、おそらく最後になるであろうサーマルの場所を間違えてしまい、上げ遅れてしまいます。このひとつの選択ミスで後続の集団にどんどん追い抜かれてしまいました。



25km手間でGPSではゴールに届くと計算しています。上空にはまだまだ高いグライダーがいるのですが、せっかくトップグループの前の方にいたのに追い抜かれたということで、先を急ぐ気持ちにGPSの届くという表示に背中を押されファイルグライド・・・

しかし、追い風のはずが弱い風の影響でところどころ向かい風、シンクにはまりこのままでは最後の6kmを残し届かないと判断。上げ直してゴールできましたが、なんとかたどり着いた感じです。


ビッグタスクでゴールできたのは皆様からのご声援のおかげです。137kmは大変充実しておりましたが、最後の最後でミス、ゴールまでまとめきるのがとても難しいと感じました。
また、最後のサーマルでしっかり上げてから離脱する判断ができなかったのは、どんどん追い抜かれることによる焦りから冷静に周囲を見れなくなった結果だと思います。まだまだ精神修行が足りないようです。

ライブトラックを見てていただいた方には、途中までは調子良く見えた僕の最後のモタツキには非常に残念なお気持ちにさせてしまいました。すみませんでした。

夕食は22時を回ってからでした。
なかなかハードです。


タコにエビにステーキ、それにビールとワインで乾杯しました。

あしたも頑張ります。
ご声援よろしくお願いします。


タスクの成績
http://pwca.org/results/results/index.htm?ts=150412193453

総合成績
http://pwca.org/results/results/e_2_1.htm?ts=150412193453

ライブトラックはPWCのページからお進みください。
http://www.pwca.org




PWCポルトガル Task2

  • 2015.07.13 Monday
  • 22:07
皆さまからのご声援ありがとうございます!

2日目、今日も風が弱い予報です。
Montalegre の街を中心に行ったり来たりで83kmが発表されました。

13:10ウインドウオープン、14:10のエアースタートまで空中で調子します。



エアースタートと同時に100機ほどが一斉に次へと向かいます。
僕はぶつからないように慎重に最初はこなし、ばらけて来たところで前に前に駒を進めました。




途中で5番手ほどにつけたのですが、その後良いラインに乗った選手との差がすごくついて遅れてしまい、最終的には19位でゴールできました。




今日も大量ゴールです。


(タイムリーに更新される成績表を見る選手たち)

Montalegle の街から近い湖は最高の景色でした。
ヘッドクォーターには早めに到着できて、余った時間をポルトガル楽しみました。

Task2は18位、総合では13位です。


ポルトガルでお友達ができました。


あしたも頑張ります。
ご声援よろしくお願いします。


タスクの成績
http://pwca.org/results/results/index.htm?ts=150412193453

総合成績
http://pwca.org/results/results/e_2_1.htm?ts=150412193453

ライブトラックはPWCのページからお進みください。
http://www.pwca.org

PWCポルトガル Task1

  • 2015.07.13 Monday
  • 08:46
8時すぎホテルで朝食を食べ、9時すぎ歩いて15分ほどかかるヘッドクォーターに向かい、ヘッドクォーターに到着したら荷物をトラックに積み込み、9:30ヘッドクォーターでブリーフィング・・・だいたい1日の流れがわかってきました。


10時すぎヘッドクォーターからシャトルバスに乗り込み、11時前にテイクオフ到着、飛ぶ準備ができたら日陰で待機、12時すぎ昼食、13時タスク発表・・・この流れもだいたい同じだということです。

(↑PWCではライブトラックにFlyMasterのLiveが選手全員に配られ、選手の安全管理とログ提出に使用されます。)

今日のタスクは114km!最初風上の湖のそばのターンポイントを取ったあと、ほぼ風上に流していくというもの。


ウインドウオープン13:10、14:00エアースタートで、真ん中くらいで僕にテイクオフ順番が回ってきました。

人数が少ない間は非常にサーマルソアリングをやりやすいのですが、全員でのソアリングとなると、ぶつからないかどうか心配で心配で。何度かガグリングからはずれて、高度は失いますが、張り詰めた緊張を休憩してスタートタイムに合わせてリラックスします。


10分前、もう一度混雑したガーグルに混じり高くなったところでスタート時間となりました。

どんどんと進むのですが、トップグループはかなりの数です。ところどころでサーマルの出どころは違って別の場所に分かれたようになっても、また合流し大きなトップグループのままどんどんゴールに向かいます。

ゴールより30km手前、上げては移動するペースが早くなって、残り20kmでGPSではまだマイナス200mとゴールに届かない情報があるのですが、ファイルグライドを仕掛ける選手がいました。

僕もこのコンディションならゴールに届くという判断もあったので、このタイミングを見逃すまいとファイルグライド。

アクセル全開、でも、サーマルなどのタービュランスによる揺れでひるんでしまいます。先に仕掛けたブーメランの2機はかなり速くどんどん離されてしまいますが、僕を含め後続は慎重に向かいます。



サーマルの影響を受けながら追い風でゴールに近づくので、9km手前GPSゴールに届くと表示が切り替わりました。
そこからはデットヒートです。フルアクセルでゴールへ向かいます。揺れるとアクセルを戻したくなるのですが、戻すとポジションが大きく後退します。しかし、潰してしまうとゴールさえできなくなる可能さえあります。バランスを考えながらアクセルほぼ全開のまま、スピードセクション通過!



アクセルを緩めてあとはゴールラインを切るだけ。ゴールまでは上昇が止まらず500mもあまりました。



こんなことならもっと低い高度でも見切ったり、アクセル全開のタイミングを早くしたりできたんじゃないかと思いましたが、あとから知ったのですがゴール手前で潰れてレスキューパラシュートを投げた選手もいるみたいです。
とりあえず序盤ということもありますので次につながる良いフライトができたということで上出来だと思うことにします。


結果は 僕の7位。
なんと110人もゴールしたようです。

久しぶりのPWCですが、さすがにみんなうまいと思いました。そんなうまい人たちと一緒に飛べて楽しいです。
そんな中、トップに喰らいつけたのは上出来だと思いますが、過信ことなく平常心で頑張ります。

ご声援よろしくお願いします。


タスクの成績
http://pwca.org/results/results/index.htm?ts=150412193453

総合成績
http://pwca.org/results/results/e_2_1.htm?ts=150412193453

ライブトラックはPWCのページからお進みください。
http://www.pwca.org

ポルトガルPWC 公式練習日

  • 2015.07.11 Saturday
  • 18:45
12時にヘッドクォーター前からオフィシャルバスに乗り込みテイクオフにむかいました。

PWC選手もフライトのためにたくさん集まっています。フリーフライトはもちろん、ポルトガル選手権の選手の後ですが。




ポルトガル選手権選手が60kmほどのタスクに取り組んでいるのには間に合わず、その分念入りに準備して、一時間ほどのフライトができました。



ちなみにポルトガル選手権の結果は総合と女子で日本人大活躍!
女子 平木さん優勝!総合呉本さん優勝!おめでとうございます!



明日から本番!頑張ります!

皆様のご声援をよろしくお願いします。

無事にMontalegreに到着

  • 2015.07.11 Saturday
  • 11:22
ポルト空港でオーガナイザーの方と合流でき、日本人選手のお二人さんとも合流。
Montalegreの街のMijareta宿に真夜中の4時すぎに到着しました。

ホテルからはお城が見えます。


地元選手権が今日まで行われていて、先にその選手が上がりました。

PWC選手のフリーフライトのバスは12時までヘッドクォーターで待機です。
ウェイティングの間、買い物したり街を散策したりで楽しんでいます。

フランスからポルトガルへ

  • 2015.07.10 Friday
  • 22:43
7/9 フランスでのツアーフライトを終えて、その日の晩からアランさんのご自宅に泊めていただきました。

そして次の日、空港行きのバス停まで送っていただきました。本当に感謝です。


おかげ様で無事空港に到着して、オーガナイザーのバスが来るのを待っているところです。


23時集合なので、今夜は夜遅く宿に着くことになります。

出国します

  • 2015.07.04 Saturday
  • 08:39
バーズのフランスツアーとポルトガルで開催されるワールドカップ出場の為、今、関空にいます。

ツアー参加者のチェックインを見届け、皆さんはKML、僕はルフトハンザで航空会社が異なるので、しばしお別れです。

参加者は2度目のアヌシーツアー参加のO田さん、T地さん、F谷さん、M田さん、初アヌシーツアーのK野さん、T代さんの合計6名様。皆さん海外旅行の経験が豊富(?)な方揃いなので、ジュネーブ空港での再会を信じております。


彼らは南ウイング、僕は北ウイング。北ウイングはすごく長い行列が!
早めにセキュリティチェックを受け、出国手続きを行いました。

予定はフランスツアーが10日までフライトで12日に帰国されますが、僕は9日までフライトのお手伝いをして10日にポルトガルに入り11日〜18日競技、20日に帰国します。

長い間バーズを留守にしますが、残る少ないスタッフが営業します。長い期間ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げますとともに皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

また、無事に帰国することを第一に考えつつ良いフライトができるよう頑張ります。皆様の温かいご声援のほどよろしくお願いします。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

BIRDSパラグライダースクールのfacebookページ

Yukihide Ozawa facebookpage



東北関東大震災義援金

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM